コンビニのATMでお金を借りる事ができる金融機関とオススメのカードローン

ほぼ全国どこでも24時間開いていて、いざという時に非常に重宝するコンビニエンスストアに設置してあるATMを利用すれば、実はキャッシングすることもできます。

もちろん、事前に申込みなどは必要ですが、逆にいえば、申込みをしていていれば、万が一の時、朝でも夜でもお金を借りることができるのです。

ここでは、そんなコンビニATMでお金を借りることについて、解説します。

コンビニでお金を借りられるのは、どんな金融機関?

コンビニのATMでお金を借りることもできることをご存じでしょうか。

コンビニATMは数多くの金融機関に対応しており、口座への入出金などに対応しています。が、それだけではなく、実はその他多くのカードローンやキャッシングにも対応しているのです。

まず、どんな金融機関が対応しているのか、代表的なものを一覧にしてみましたので、ご覧下さい。

  • ・プロミス
  • ・モビット
  • ・アイフル
  • ・アコム
  • ・三井住友銀行カードローン
  • ・新生銀行カードローン レイク
  • ・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
  • ・みずほカードローンカード
  • ・セブン銀行のカードローン
  • ・楽天銀行のカードローン

いかがでしょうか、大手と言われる消費者金融だけでなく、都市銀行やネット銀行のカードローンも一通り対応しています。

実際には、これらに加えて地方銀行や上に紹介していないネット銀行のカードローンにも対応している場合があります。

※実際に対応しているかどうかは、ご利用のコンビニATMでお確かめ下さい。

つまり、相当特殊な金融機関を使わなければならない場合を除いて、いざという時は、コンビニに飛び込めばお金を借りることもできるということなのです。

実はセブン銀行のカードローンが結構オススメ

コンビニATMで利用可能なカードローンを、いくつか紹介しました。

しかしその種類は結構多いので、これからコンビニATMでカードローンをご利用しようと考えている方は、どの金融機関にすればいいのか頭を悩ませてしまったかもしれません。

そこで、コンビニを頻繁に使う方にもっともオススメできる金融機関をお教えしましょう。

それは、断然、「セブン銀行のカードローン」です。

理由は簡単で、非常に利便性が高いからです。

まず利用開始の方法ですが、もしセブン銀行の口座を持っていれば、「利用登録」をするだけです。口座を持っていない場合は、口座開設と同時に利用登録を行うことができます。そして、キャッシュカードを受け取った時点で、即利用可能になるのです。(キャッシュカード発行まで1週間くらいかかると思われます)

また、そもそもセブン-イレブン系列の銀行ですので、コンビニ最大手のセブン-イレブンであれば確実に使えます。上で使える金融機関を紹介しましたが、実際にコンビニATMの前までいったら、実は使えなかった、という可能性もなくはありません。その点、セブン銀行のカードローンであれば、お店に入る前からそれが分かりますね。

また、利用についても、セブン銀行のキャッシュカードでカードローンの利用ができますので、余計なカードを持つ手間がありません。

その他、以下のような利点があります。

・借り入れは1,000円から可能

・24時間365日、いつでも利用可能(システムメンテナンスのため、第3日曜日の0:30から5:30は利用不可)

・返済は固定金額(5,000円か10,000円)を口座から自動引き落とし

また、人によっては欠点ですが、これからカードローンを利用しようと思っている方にとって、以下は利点になります。

・セブン銀行ATM以外では、借り入れできない

・限度額が10万、30万、50万のいずれかまでと高くない

上記の制限のおかげで、初めてカードローンを使う方で限度が分からなくなっても、使い過ぎが防がれるのです。

もちろん、幾つかの利点は他の金融機関でも同様のものがありますが、これだけの利点をすべて兼ね備えているのは、セブン銀行のカードローンくらいだと思います。

コンビニでお金を借りると高い?

お金を借りるにあたって、やはり気になるのは利息です。もちろん、それは気にしなければならないところです。

多くの場合、消費者金融系では実質年利率は18.0%ほどです。

銀行系の場合は7.0%から15.0%と幅がありますが、消費者金融系よりは低いのが一般的です。

これはつまり、1万円を1年間借りた場合、消費者金融系のカードローンでは、1,800円、銀行系では、700円から1,500円の利息を払わなければいけない、ということになります。

コンビニATMを利用する、という点で考えてみると、この利息は高いでしょうか。

例を挙げて検証してみます。

例えば、自分の口座に10,200円あったとしましょう。

・コンビニATMで銀行から引き出した場合。

コンビニATMを利用して銀行の自分の口座から10,000円を引き出す場合、手数料は一般的に108円かかります。

ですので、自分の口座の残高は、

10,200円-(10,000円+108円)=92円

で、92円です。

・コンビニATMでカードローンを使ってお金を借り入れた場合。

多くの金融機関では、カードローンの借り入れや返済でATM手数料がかからないようになっています。ですので、必要な経費は利息だけです。

仮に翌日に返すめどが立っている場合、利息は以下のようになります。

10,000円×(18.0%÷365日)=5円

翌日に返す場合は、10,005円を返済しますので、自分の口座の残高は、

10,200円-10,005円=195円

で、195円です。

どちらが高いかは、火を見るより明らかです。

もちろん、翌日ではなく翌月に返済する場合は、利息が150円となって割高になりますので、返済については気をつける必要があります。

(10,000円×(18.0%÷365日×30日)=150円)

返済もコンビニで

上記で、返済日について気をつけなければいけない話をしましたが、その返済はどうしたらいいのでしょうか。

実際はそれもコンビニATMでできます。

これは非常に重要なポイントです。

お金を借りるときは緊急度などもあって多少面倒くさくてもすぐに行動できますが、返済となるとあまりやりたくないのが人情です。そのため、少しでも面倒くささがある返済方法では返済遅延や漏れのリスクが出てくるのです。

そのため、借りるときと同じ場所でほぼ同じようにできるコンビニATMでの返済は、非常に重要な点になるのです。

なお、口座からの自動引き落としで返済している場合でも、ほぼすべての金融機関で繰り上げ返済など追加の返済をいつでも行えます。

それをコンビニに寄ったついでにこまめに行うことができれば、利息を大きく減らすことも夢ではありません。

いつも使っているコンビニで返済できるというメリットを最大限に利用していきましょう。

コンビニでお金を借りる。でも、注意しましょう

「いつも使っているコンビニで、お金を借りることができる」というのは、非常に利便性が高く、力強いものです。

しかし、その手軽さ故に安易に借りすぎてしまう、ということが起きやすいとも言えます。

自分の口座からお金をおろす感覚でキャッシングを行うというのは、すでに借金依存症とも呼べます。

とても便利なものですし、上述していますようにうまく使えば銀行からお金をおろすよりもお得に利用できます。

しかし、その便利さに溺れて「お金を借りている」感覚がなくなることがないよう、常に「返済計画」を頭の隅に置いて利用しなければいけません。