アイフルの審査に落ちる人はどんな特徴があるのか?審査通過するためのポイントについて

アイフル審査に落ちる人の特徴とは?

アイフルホームページを見ると、アイフルに申し込み可能な人は、「20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・嘱託社員、主婦(専業主婦除く)、学生の方で、当社基準を満たす方」となっています。つまり、この条件をみたさない人は、アイフルの審査に落ちてしまうということです。

アイフルの申し込み条件のうち、年齢や雇用形態などは該当するかどうかがすぐにわかると思います。しかし、「当社基準をみたす方」というのがありますので、結局どういう人なら審査に通るのか、どういう人が審査に落ちるのかがわかりにくいと思います。

アイフルで審査に落ちるのは、具体的には以下のような人になります。

・20~69歳の人以外は審査するまでもなくNG

アイフルでは、20歳から69歳までの人しかお金を借りることはできません。たとえ仕事をしていても、20歳未満の未成年者はアイフルの利用はできないことになっています。また、69歳の人は申し込み、契約はできますが、70歳になった時点で融資を停止されてしまいます。つまり年齢的な条件は絶対ですから、この範囲内でない人は審査に落ちるというよりも、申し込み自体ができないことになります。

・無職の人は当然NG

アイフルでお金を借りられる条件として、定期的な収入があるというのがあります。言うまでもなく、無職の人は審査に落ちてしまいます。ただし、仕事が決まったら申し込みができる場合があります。

・年金受給のみの人もNG

アイフルでは定期的な収入がなければお金を借りることはできません。年金をもらっている人は定期的な収入があることになりますが、収入が年金のみの人はアイフルではお金を借りられないことになっています。つまり、年金受給者は、他に収入がなければ、審査に落ちることになります

・専業主婦もNG

専業主婦は、夫が働いて定期的な収入を得ていても、アイフルを利用することはできません。ただし、パートやアルバイトが決まったら、申し込みはできます。そうでない限り、専業主婦がアイフルに申し込みしても、審査に落ちてしまいます

・既に他社で年収の3分の1の借入れがある人はNG

アイフルの申し込み条件の中には書いていませんが、既に他社で年収の3分の1の借入れをしていれば、アイフルに申し込みしても審査に落ちてしまいます。これは、個人が貸金業者から融資を受ける場合には年収の3分の1までしか借りられないという貸金業法上の総量規制によるものです。

申し込みの際には他社借入残高を申告したり、収入証明書を出したりすることになりますから、それにより総量規制を超える借入れになることが明らかになれば、審査に落ちてしまいます。

・ブラックリストに載っている人はNG

これもアイフルの申し込み条件には明記されていませんが、ブラックリストに載っている人も当然審査に落ちます。「ブラックリストに載る」とは「信用情報機関に債務整理などの事故情報が登録される」という意味です。信用情報機関とは個人の信用情報(ローンやクレジットの利用状況など)が集められているところで、ここで貸金業者は情報をシェアしています。

つまり、他社で金融事故を起こしていれば、信用情報機関を通して必ずバレてしまうことになりますから、申し込みしても審査落ちすることになります。

・借入件数が多い人はNG

他社借入残高が総量規制の範囲内でも、借入件数が多い人は、審査に落ちる可能性が高くなります。一般に言われているのは、既に5社以上借りている人は、アイフルに申し込んでも審査に落ちるということです。借入件数については、少なめに申告しても信用情報機関の情報でバレますからどうしようもありません。

・アイフルで債務整理や過払い金請求をしている人はNG

過去にアイフルと取引していた人で、アイフルの借金を任意整理したりアイフルに対して過払い金請求をしたりしたことがある人は、再度アイフルに申し込んでも審査に落ちる可能性が高くなります。

任意整理後5年程度はブラックリストに載りますから、アイフル以外でも審査に落ちます。ブラックリストから外れれば、他社からは借りられますが、アイフルには記録が残っているため、審査落ちしてしまうのです。

・申し込み時に虚偽の情報を記載

アイフルに申し込みするときに、嘘の情報を申告した人は、バレたら必ず審査に落ちるといっていいでしょう。たとえば、勤務先として既に退職した会社を書いたり、現住所として前の住所を書いたりした場合です。

また、キャッシングでは同姓同名でも読みが違えばコンピュータに別人と判断されてしまい、ブラックの人でも審査に通ることがあります。こうしたことから、敢えて読みを偽って申告する行為をする人もいますが、故意にやったことがわかれば、審査には通してもらえないでしょう。

→参考サイト:アイフルの審査の流れと審査に関する口コミ

こんな人は利用限度額が少額になるかも

カードローンには、消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの大きく分けて2つがあります。銀行カードローンは金利が低いのが魅力ですが、審査が厳しくなっています。一方、消費者金融は銀行カードローンより金利は高いですが、審査基準が緩く、誰もが利用しやすいものになっています。

大手消費者金融のアイフルは、審査に関しては比較的緩いと言えます。ですが、下記のような人は審査に通っても利用限度額が少なくなってしまいます。

・フリーターで定職についていない

アイフルではパートやアルバイトでも安定した収入があればお金を借りられます。と言っても、フリーターで、現在の勤務先で働き始めてからもまだそれほど経っていないような場合には、利用限度額は少なめになります。

・就職が内定したばかり

アイフルでは無職の人は申し込みできませんが、仕事が決まれば申し込みはできます。ただし、利用限度額は最初は5万円程度からのスタートになるでしょう。

・複数の会社に同時に申し込みしている

アイフルの申し込み時に、他の会社にも同時に申し込みしている人もいると思います。複数の会社に同時に申し込みしている場合には、「お金によほど困っている」「返済能力があやしい」と思われてしまいますから、アイフル側も用心してあまりたくさん貸してはくれません。利用限度額もかなり低めのラインになるでしょう。

絶対に押さえるべきポイント

・融資希望額は少なめに

アイフルでは最高500万円までの借入れが可能です。しかし、500万円の利用限度額が設定される人はそれほどいません。というのも、総量規制により消費者金融などの貸金業者からは年収の3分の1までしか借りられませんから。500万円借りるためには1500万円以上の年収が必要になるからです。

たとえば、年収300万円の人であれば、他社から借りていない場合、アイフルで設定される利用限度額の上限は100万円になります。欲張って融資希望額を多めに書いても意味がないですし、アイフル側からみたら「よほどお金に困っている」と思われ印象が悪くなってしまいます。融資希望額は、年収の3分の1までで、必要最小限の額にしましょう

利用限度額が少なめに設定されても、契約後増額することは可能です。取引実績を積めば増額が可能になりますから、まずは少なめの利用限度額でしっかり借りてきちんと返済した実績を作りましょう。

・他社には同時に申し込みしない

アイフルに申し込むときには、他社に同時に申し込みするのは避けた方が無難です。他社に申し込んだという情報も信用情報機関に登録されていますから、アイフルにバレてしまいます。同時に複数の会社に申し込んでいると、お金に切羽詰まっていて、返済も滞ってしまう可能性が高いと判断されてしまいます。また、他社に先に申し込み審査に落ちている場合には、アイフル側も「他社から断られるということは何か事情があるはず」と思いますから、アイフルの審査にも落ちる可能性が高くなってしまいます。

信用情報機関に登録されている申し込み情報は6ヶ月程度で削除されますから、もし他社の審査に落ちた場合には、6ヶ月以上経過してからアイフルに申し込むのが安心です。

絶対にやってはいけないタブーとは?

アイフルに申し込むときに、絶対にやってはいけないのは、虚偽の情報を記載したり、必要書類を偽造したりして、嘘をついて申し込むことです。こうした行為はアイフルに対する詐欺にあたるばかりか、場合によっては犯罪になってしまうこともあります。

たとえば、「もう退職したけれどついこの間まで働いていた会社だからいいだろう」と思い、勤務先を偽って書くくらいのことはわりと抵抗なくやってしまいます。しかし、アイフルの審査では会社に電話しての在籍確認もありますから、こうした嘘は結局はバレてしまいます。

嘘をついてしまった場合には、信用をなくしてしまいますから、たとえ他の審査事項に問題がなくても、審査に落とされてしまいます。アイフルの審査に落ちたことがブラックリストに長期間残ることはありませんが、アイフルの社内には審査に落ちた理由も含めて記録が残りますから、その後もアイフルからお金を借りることは難しくなってしまいます。

一度審査に落ちたらもう二度と審査は通らないの

・状況が変わっていれば審査結果も変わる

過去にアイフルに申し込んで審査に落ちたことがある人は、「もう一度申し込んでもまた落ちてしまうのでは…」と不安になるかもしれません。過去に審査に落ちているからと言って、次からも毎回審査に落ちるということはありません。

たとえば、過去には無職で審査に落ちたけれど、今は就職して安定した収入があるというのであれば、審査には通るでしょう。他社借入件数が多くて審査に落ちた場合、借入件数が減っていれば審査に通る可能性が高くなります。審査に通過するかどうかは、基本的にその時々の状況で判断されることになります。

・アイフルからの信用を失っていれば審査に通らない

金融業者と言っても、誰にでもお金を貸してくれるわけではありません。過去にアイフルと契約していた際やアイフルに申し込んだ際に信用を失っていれば、その後申し込みしても審査に通らなくなります。

たとえば、次のような人は、アイフルからの信用を失っていると思われますから、二度目以降も審査には通らない可能性が高いでしょう。

○過去にアイフルで2回以上長期延滞をしたことがある

○過去にアイフルを強制解約になったことがある

○アイフルの申し込み時に嘘をついたことがある

○アイフルの借金の任意整理をしたことがある

○アイフルに過払い金請求をしたことがある

まとめ

アイフルの審査はそれほど厳しくはありません。ただし、審査に通っても、利用限度額が少額になってしまう人もいます。

アイフルの利用限度額は、契約後増額することもできます。審査に通ったら、まずはアイフルと取引をした実績を作り、信用を得ることが大切です。取引実績ができることで、利用限度額の増額が可能になります。