今すぐお金が必要。 そんな時に取るべき対処法はコレだ

今すぐお金が必要

今すぐお金が必要になったとしても手持ちがない、口座にもお金がない、となった人の為に、当ページでは今すぐお金が必要な時に当日中に申し込んで当日中に借り入れる方法を説明していきます。

本当にお急ぎで絶対に今日中になんとしてでもお金が必要な理由があるのであれば「プロミス」がいちばんおすすめです。

14時までに申し込み完了して審査に通過すれば他のカードローンでも問題なく今すぐお金を借りる事ができるのですが(審査などによっては当日不可の場合があります。)、プロミスの場合は14時を過ぎても当日中にすぐお金を借りる事ができます。 14時を過ぎてもOKのケースは以下の2通りです。

①三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を持っている人の場合=WEBで申し込み(フル入力で申し込み)→カードレス申し込みを希望→審査通過後、スマホから振り込み依頼→登録した口座に振り込まれます。

②上記口座を持っていない場合=WEB申し込み→WEBで申し込み(フル入力で申し込み)→「カードをATMで受け取る」を選択→20時までに申し込み→審査通過後に22時まで(一部ATMは21時まで)にプロミスATMもしくは三井住友銀行のローン契約機でカードを受け取り→ATMで借入

というのが14時以降に今すぐお金が必要な時に取るべき申し込み方法です。

今すぐお金が必要なときはどうすればいいのか?

・今いくら必要なのかを考える事

お金を借りる方法は様々ありますが、まずはいくら必要であるかを把握するべきです。いくら必要なのかを把握しないまますぐに行動を起こしてしまったとしても意味がありません。

・必要なお金が少額であるケース(10,000円以内など)・・・知り合いから借りる

・必要なお金が高額であるケース(3万円〜10万円以上など)・・・プロミスから借りる

といったような考え方もできるわけです。

プロミスなら借入を1,000円単位で申し込めるので、どうしても今すぐにお金が必要になった時に頼れる人がいない、もしくは頼りたくない人はプロミスに頼むのがおすすめです。

金額を把握しないままでいると、一体どんな借り入れ方法が有効なのか自分でも分からなくなってしまいます。プロミスの初回申し込みでは申し込んだ人の属性によりますが、10万円〜50万円で限度額を設定される事が多い為、10万円以下が必要資金の場合はプロミスでOKです。

まとめ=今すぐ申し込み、お金を借りたいなら審査スピードや夜間、土日にも対応してくれるプロミス一択です。

今すぐお金が必要な時にプロミスを頼るなら、まずはすぐに申し込み

・とりあえず急いで申し込む事

プロミスでは「かんたん申し込み」と「フル申し込み」を選ぶ事ができますが、実は「フル申し込み」の方が結果的にすぐに契約する事ができます。

・必要書類を用意しておく

必要書類の用意に手間取ってしまうと時間が経ってしまい、融資が翌日以降にまわされてしまいます。必要書類は主に「運転免許証」があれば問題ありません。 なければ保険証やパスポートなどの書類が必要になってきます。

収入証明書に関しては50万円以下の少額融資の申込であれば、用意しなくて構いません。そもそも今すぐお金を借りたい時に収入証明書を用意している人はいないですよね。

※収入証明書類が必要になる条件例・・・50万円を超える借入希望額を希望する、他社の借入額と借入希望額を合わせると100万円を超える(いずれか一つでも当てはまると収入証明書類が求められるケースもある)

・プロミスへの申込方法を決定する

プロミスへの申込方法は、①ネット申し込み ②ローン契約機で申し込み

の2通りありますが、一番すぐにお金を借りられる方法は

①スマホでフル申し込み→②カードをローン契約機で受け取り

のコンビネーションです。 先ほども書きましたが「かんたん申し込み」は電話のやりとりが必須で、逆に遅くなるので気を付けて下さい。

また、プロミスに申し込んだ後は「本人確認の電話」がかかってくるのですが、その時に「急いでいるから早くしてほしい」とオペレーターに伝える事で優先して審査をしてくれる事もありますのでそれも忘れずに。

この申し込み方法が私が知りうる上で最短でお金を借りる事ができる方法です。  プロミスのローン契約機の他、三井住友銀行のローン契約機で受け取る事も可能ですので、わざわざローン契約機を探し回る必要もありません。

この方法であれば平日だろうが土日だろうが、審査にさえ通過できれば今すぐお金を借りる事ができます。

銀行カードローンで今すぐにお金を借りる事はできる?

銀行カードローンは原則「即日融資NG」です。 今すぐお金を用意しなければならない時に金利を気にしている場合ではないので、その場合は間違いなくプロミスを選択するのが良いです。 いくら銀行カードローンの実質年利率が低いからと言って、契約の時はどうせ「最大上限金利」で借り入れる事になるので金利を気にしても無駄です。

今すぐお金を借りたい日が土日だったら在籍確認はどうなる?

プロミスでは在籍確認と言って、申し込み時に記入した勤務先に本当に在籍しているか確認する電話をいれます。電話連絡の際に「プロミスだ」とは名乗らないので安心してください。 クレジットカードを申し込んだ時と同じような電話なので、上司や同僚から疑われる心配もありません。

しかし、土日などに急にお金が必要になって借りたくて申し込んだのに、土日なので会社に誰もおらず在籍確認ができなくてお金を借りれなかったら困りますよね。でも安心してください。 プロミスなら土日に申し込みで在籍確認できなかった場合は週明けの月曜日に在籍確認を行うので、先に審査を通してくれる可能性があります。 これも、本人確認の時の電話で「今日今すぐお金が必要なんだけど、会社が休みだから在籍確認できないと思う」とオペレーターに伝えてください。

街金で今すぐお金を借りる方法

・そもそも街金とは?

主に小規模の消費者金融業者のことを指している言葉です。たとえば愛知県だけ、とか東京都だけ、といった地域限定で貸し出しを実施しています。全国展開しているわけではないので、自分の住んでいる地域(働いている地域)にある街金でなければ基本的に利用できません。

・ヤミ金ではないのか?

ヤミ金が紛れ込んでいることは間違いありません。基本的に小規模の事務所を持っていないような貸金業者がヤミ金であるケースが多くなっています。もちろん、中には事務所を抱えており、普通の街金であるように装っているケースも少なくありません。 ですのでできれば街金から今すぐお金を借りるような事は避けましょう。

街金を利用して実質年率が20.0%を超えていた場合にはヤミ金である可能性が高いです。街金であろうと利息制限法(キャッシングの金利の上限を定めた法律)を守らなければなりません。その法律に定められた上限金利は20.0%なのです。

・街金ではすぐにお金を貸してくれるか?

街金はすぐにお金を貸してくれる事が多いです。必要書類を店舗などに持って行き、その場でカード発行を受けます。そして店舗に備え付けられているATMなどで今すぐお金を引き出すことが出来るのです。

最近では、街金もインターネットで申し込めるケースが増えてきています。インターネットに対応している街金の多くは、振込キャッシングにも対応してくれます。平日の午後2時までに審査が完了していれば、すぐにお金を貸してくれる街金もあるのです。

・街金を利用するメリット

審査が比較的柔軟、といったものがあります。プロミスなどの消費者金融業者などは、ブラック状態になっている方には基本的にお金を貸し出しません。

街金は大手と違って利用する人が限られていますので、ブラックだからといって断っていたらビジネスにはなりません。だからこそ、ブラック状態であってもすぐにお金を貸してくれる場合もあります。

ブラック状態になっている方への貸出は基本的に少額です。利用限度額が50,000円程度になることがほとんどです。

なぜ今すぐお金が必要な時はプロミスがおすすめなの?

お勧めとポイントとしては土日でも当日すぐに借りられる事やローン契約機が多い事、大手消費者金融の中で最も金利が低いという理由です。 また、アコムやアイフルなどのローン契約機に入るところを誰かに目撃されては言い訳できませんが、プロミスの場合は三井住友銀行のローン契約機でも契約できるのが嬉しいポイントですね。

他の消費者金融の最高金利は18.0%であることがほとんどですが、プロミスは17.8%に設定されています。0.2%ではありますが、有利な状態で融資してもらえます。

もう一つおすすめの理由としてあげられるのが、「無利息サービス」を実施している、といったことです。30日間に設定されているのですが、その期間は利息が一切かかりません。初回限定といった条件もつきますが、お得な利用ができるのです。 *プロミスの無利息30日間無料サービスを利用するにはメールアドレスの登録とWEB明細利用の登録が必要です。

【プロミスの基礎情報】

  • ・商品名・・・フリーキャッシング
  • ・利用限度額・・・500万円まで
  • ・実質年利率・・・4.5%から17.8%
  • ・遅延利率 (実質年率)・・・20.0%
  • ・返済方式・・・残高スライド元利定額返済方式
  • ・返済日・・・5日、15日、25日、末日の中から選択可能
  • ・融資金使途・・・生計費(個人事業主の方は事業費としての利用も可能)
  • ・担保・保証人・・・原則不要
  • ・必要書類・・・本人確認書類、収入証明書類(不要なケースもある)

その他今すぐにお金が必要な時に取れる手段

・クレジットカードのキャッシング

ここまで主に消費者金融について語ってきたので、こちらではクレジットカードについて軽く触れます。

クレジットカードは基本的に即日発行はできませんが、すでに2枚や3枚持っている方も多いですよね。そのクレジットカードを利用して今すぐお金を手にいれる方法があります。

持っているクレジットカードにキャッシング枠は付いている事が条件ですが、ATMを利用してお金を引き出せます。

ATMについては、カードについているブランドが使えるところを探す必要があります。

  • ・JCB
  • ・VISA
  • ・マスター

以上の3つの国際ブランドであれば多くのATMが対応しているので、すぐにお金を限度額の範囲内で借りる事ができます。

※アメリカンエキスプレスやダイナースも有名な国際ブランドですが、対応しているATMは少なめです。

知り合いにお金を借りる方法

  • 親などの家族からお金を借りる
  • 友人からお金を借りる

少額であるケース、またはお金を貸してくれそうな方が知り合いにいた場合には活用できる方法です。ただし、トラブルに発展してしまう可能性もあるので注意してください。

トラブルを防ぐために「借用書」を書く事をオススメします。 ただ、そこまで用意するんならプロミスで借りるかクレジットカードでキャッシングしたほうが今すぐお金が必要な対策としては良いのではないかと思います。

・学校や会社から今すぐお金を借りる

学生であれば学校からお金を借りる、といったことも出来ます。数千円から数万円まで借りられたケースがあるので、お願いしてみるのも一つの方法です。ただし、正当な理由がなければ貸し出してくれることはありません。

また、会社からお金を借りられることがあります。ただ、学生の学校からの借り入れと同じく、正当な理由がなければ貸し出してくれないこともあるので注意してください。

お金を借りる、とは少し変わってきますが、給与の前払いを依頼することも可能です。非正規社員には対応していないケースが有りますが、会社によっては契約社員でも利用できることがあります。 ただし、会社側からのイメージは確実に悪くなるので気を付けて下さい。

・交番からお金を借りる

公衆接遇弁消費と呼ばれる制度があります。財布をなくしてしまった場合など、帰宅が困難な時にお金を貸してくれる制度です。

上限については詳しい定めがありませんが、1,000円程度までなら貸してくれる、といった話もあります。一方で警察官が自腹で貸してくれる、といったケースもあり、制度がどこまで浸透しているかは不透明です。

交番からお金を借りるときは、

  • ・名前
  • ・住所
  • ・電話番号

などの個人情報を伝えることになります。返済については、原則的に借りた交番に返しに行くことになっていますが、最寄りの交番などに返済しても良いとされています。

自分の持っているブランド品や衣類を質屋や買取店に売る

これも今すぐお金が必要な際に有効な手です。

ただし、ブランド品は思っているよりも値段がつかない事が多いので覚悟しましょう。 バッグや財布なら買った値段の10分の1にもなればいいほうだと思っておいたほうがいいです。