今すぐお金が必要な時に取るべき有効な対処法がこれだ

今すぐお金が必要

急に飲み会に誘われたり冠婚葬祭の予定が入ってしまったりして、今すぐお金が必要になったとしても、手持ちがない、口座にもお金がない、となる事があるのではないでしょうか。当ページでは今すぐお金が必要な時に当日中に申し込んで当日中に借り入れる方法を説明していきます。

本当にお急ぎで絶対に今日中になんとしてでもお金が必要な理由があるのであれば「プロミス」がいちばんおすすめです。

14時までに申し込み完了して審査に通過すれば他のカードローンでも問題なく今すぐお金を借りる事ができるのですが(審査などによっては当日不可の場合があります。)、プロミスの場合は14時を過ぎても当日中にすぐお金を借りる事ができます。 14時を過ぎてもOKのケースは以下の2通りです。

①三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を持っている人の場合=WEBで申し込み(フル入力で申し込み)→カードレス申し込みを希望→審査通過後、スマホから振り込み依頼→登録した口座に振り込まれます。

②上記口座を持っていない場合=WEB申し込み→WEBで申し込み(フル入力で申し込み)→「カードをATMで受け取る」を選択→20時までに申し込み→審査通過後に22時まで(一部ATMは21時まで)にプロミスATMもしくは三井住友銀行のローン契約機でカードを受け取り→ATMで借入

というのが14時以降に今すぐお金が必要な時に取るべき申し込み方法です。

今すぐお金が必要なときはどうすればいいのか?

・いくら必要なのかを考える事

お金を借りる方法は様々ありますが、まずはいくら必要であるかを把握するべきです。いくら必要なのかを把握しないまま、すぐに行動を起こしてしまったとしても意味がありません。

たとえば、

・必要なお金が少額であるケース(10,000円以内など)・・・知り合いから借りる

・必要なお金が高額であるケース(3万円〜10万円以上など)・・・キャッシング業者から借りる

といったような考え方もできるわけです。

金額を把握しないままでいると、一体どんな借り入れ方法が有効なのか自分でも分からなくなってしまいます。仮に数千円で住む場合には、友人にお願いすれば、利息無しですぐに貸してくれるかもしれませんよね。わざわざキャッシング業者から借り入れする必要はないのです。

・今日が平日なのか休日なのかを確認すること

キャッシング業者を利用する時に注目して欲しいのが曜日です。業者によっては、即日融資が出来る曜日を限定しています

即日融資が出来る、といったことを述べている業者であったとしても「平日しか対応していない」といったこともあるのです。仮に、すぐにお金が必要となった日が土曜日・日曜日・祝日であった場合は、平日以外にも即日融資に対応している業者を利用しなければなりません。 土日祝日であればプロミスを選択するのが無難です。

おおまかな判断材料を以下に掲示します。

  • ・平日にしか即日融資に対応していない業者タイプ・・・銀行カードローン
  • ・土日祝にも即日融資に対応している業者タイプ・・・モビット、プロミスなど大手の消費者金融

もちろん、銀行カードローン業者の中にも「三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック」のように、土日祝の即日融資に対応しているところがあります。しかし、基本的に土日祝の審査申し込み対応に関しては、融資は翌営業日にまわされてしまうのです。

・最短で申し込み、借入したいなら消費者金融を選ぶ事

・返済するあてがあるのかを考えること

キャッシング業者は返済能力のある方にしかお金を貸しません。また、返済ができなくなってしまえば、あなた自身が窮地に陥ってしまうことも考えられます。

キャッシング業者によっても収入がない方にはお金を貸さない、と決めているところもあるのです。無職の方は、融資をしてもらうこと自体難しい、といったことは把握しておかなければなりません。

※無職の方が借り入れできない理由としては、「総量規制」が大きく関わっています。総量規制は年収の3分の1を超える借り入れができない、とする規制です。

無職の方であっても利用できる可能性があるのが銀行カードローンです。銀行カードローンは総量規制の対象範囲外なので、年収によって貸し出し金額の上限を決められていません。限度額も消費者金融と比べて大きめですが、

今すぐお金が必要な時はまずは何をするべきか

・即日融資をしてくれる業者を探すこと

すぐに借り入れをしなければならない状況なので、即日融資に対応している業者を探しださなければなりません。大手の消費者金融業者であれば、無人契約機も各所にあるので即日融資に対応してくれやすいです。プロミスがいちばんオススメです。

ほかにも、ネットから申し込みができるキャッシング業者などは、基本的に即日融資に対応しているケースが多いです。

即日融資をしてくれる条件についても確認しておく必要があります。即日融資をしてくれる業者を発見したら、以下について確認してください。

  • ・何時までに申し込みを完了させれば即日融資をしてくれるのか?
  • ・特定の金融機関の口座がないと即日融資してくれないのか?

特に二つ目の項目は銀行カードローンから即日融資を受ける時に大きく関わってきます。銀行カードローンは、その当該銀行の口座を持っていないと即日融資は出来ない、としているところもあるのです。 そもそも今すぐお金が必要な人は銀行カードローンは避けるべきでしょう。

・必要書類を用意しておく

お金を借りる方法を決めてそれがキャッシング業者であれば、必要書類を早急に用意すべきです。必要書類の用意に手間取ってしまうと時間が経ってしまい、融資が翌日以降にまわされてしまいます

必要書類は基本的に2つの種類があります。

必ず必要になってくるのが、本人確認書類です。もう一つは、条件によっては必要になってくる収入証明書類です。

収入証明書類に関しては、キャッシング業者側から求められる可能性もあるので、なるべく用意しておきましょう。ただし、他社借入もなく、少額融資の申込であれば、用意しなくて構いません。 だいたい希望金額が50万円以下の場合は不要の場合が多いです。

※収入証明書類が必要になる条件例・・・50万円を超える借入希望額を希望する、他社の借入額と借入希望額を合わせると100万円を超える(いずれか一つでも当てはまると収入証明書類が求められるケースもある)

『本人確認書類例』

  • ・運転免許証
  • ・健康保険証
  • ・パスポート
  • ・特別永住者証明書、在留カード

『収入証明書例』

  • ・源泉徴収票
  • ・住民税決定通知書、納税通知書
  • ・給与明細書

※「新生銀行カードローン レイク」の必要書類情報より

各社によって対応している書類が変わってくることもあります。各社のホームページやフリーダイヤルで必要書類を確かめたうえでの申し込みをおすすめします。

・キャッシングへの申込方法を決定する

キャッシングへの申込方法は、

  • ・インターネット申し込み(パソコン・スマホ・ケータイ)
  • ・電話申し込み
  • ・FAX申し込み
  • ・店舗申し込み
  • ・無人契約機申し込み
  • ・郵送申し込み

以上のようなものがあります。この中から選択するのですが、どの方法でも良いのではありません。郵送申し込みに関しては、申し込み書類などが業者のもとに届くまでに時間がかかってしまうので即日融資は利用できません。ですから、いますぐお金が必要、といった方は郵送申し込み以外を選択しなければならないのです。

カードを利用して即日融資を受けようとする場合には、どのみち無人契約機や店舗に向かわなければなりません。最初から無人契約機や店舗に向かってそこで審査を受ける、といった方法がおすすめです。もちろん、インターネットで申し込み、カードは無人契約機で受け取る、といったことも可能です。

銀行カードローンで今すぐにお金を借りる

こちらでは銀行カードローンを利用していますぐにお金を借りる流れ、さらに注意点なども記載していきます。

・銀行カードローンで即日キャッシングをする流れ

ネットや銀行に設置されているテレビ窓口などを利用して申し込みを実施

審査の突破

カードを使って出金or口座に振り込み

銀行カードローンについては、審査に時間がかかるといった印象もありましたが近年では大きく変化しました。最短30分で審査結果を出してくれる業者も少なくありません。

審査が突破したら、基本的に二つの方法で借り入れを実施します。発行されたカードを受け取っている状態であれば、そのカードを利用してATMから出金します。銀行カードローンもコンビニATMと提携しているケースが多く、ほぼ24時間の利用が可能です。また、口座にお金を振り込んでもらうことも出来ます。

・銀行カードローンの即日キャッシング対応は平日のみが多い

土曜日や日曜日、そして祝日に申し込みを行ったとしても即日融資してくれることはほとんどありません。翌営業日にまわされてしまうので、仮に土曜日に申し込んだとしても融資を受けるのは月曜日までまたなければならない、といった状況になりかねません。

・キャッシュカードで借り入れができるケースもある

銀行カードローンでネックになってくるのがカードの発行です。カードについては、銀行に行って受け取るか、郵送してもらう、といった方法がメインになります。近場に銀行がなければ即日カードを利用することが出来ません。

しかし、その銀行の口座をすでに持っていればキャッシュカードを持っていますよね。そのキャッシュカードにカードローン機能を付加することも出来るのです。

何もカードを発行して貰わなければ借り入れできないわけではありません。審査が終わって契約を結んだら、あなたのキャッシュカードにカードローン機能がつきます。提携ATM(コンビニ等)へ向かって、そのキャッシュカードを挿入すればキャッシングが出来る、といったこともあるのです。

・審査を短縮させる方法あり

審査申し込み直後に電話連絡をする、といった単純な方法です。

銀行の審査は短くなっているとはいえ、まだ消費者金融よりも長くかかってしまう場合があります。そこで少しでも審査を早く行ってもらうために、ネットなどで審査申し込みをした直後に電話をかけるのです。「即日融資をしてもらいたいので、早く審査をしてもらいたい」旨を伝えれば、優先的に審査をしてくれることもあります

こちらの方法は、銀行カードローン以外の業者にも利用できるのでおすすめです。

キャッシング(消費者金融)でいますぐお金を借りる

即日融資に対応している消費者金融の即日融資の流れ、さらに注意点についてお話します。

・キャッシング(消費者金融)で即日融資を受ける流れ

郵送以外の方法で審査を受ける

審査の突破

無人契約機でカードを発行or口座への入金を依頼

ATMでお金を引き出すor口座へ入金

消費者金融であれば、基本的に即日審査、即日融資を行っているので特に心配することはありません。ただし、申し込みをする時間帯によっては即日融資に対応してくれない場合もあるので注意してください。

融資される方法については、カードによるATM出金と口座振込みがメインです。いずれかの方法を申し込み時に選択してください。無人契約機が近くにあり、すぐに向かえる状態であればカードによるキャッシングを選択すべきです。口座への振込キャッシングは時間的な制限があり、申し込み時間が遅いと対応してくれないことがあります。

・即日の振込キャッシングにおける時間の注意点

平日にしか対応をしていません。さらに午後2時くらいまでには契約が完了していなければいけません。振込キャッシングでなければダメ、という方は午前中に申し込みを開始しておくのがおすすめです

ただ、ネットバンクの口座であれば、時間に関係なく振り込みを行ってくれるケースもあります。

平日の午後2時を過ぎてしまった場合には、無人契約機を利用した即日キャッシングに切り替えてください。無人契約機は午後9時や10時まで営業していることもあります。遅い時間までカードを発行してもらえるのです

無人契約機には専用ATMも設置されているはずなので、発行されたカードをそちらに挿入すれば、施設内でカード発行から借り入れまで出来てしまいます。

・在籍確認が行われる

在籍確認とはあなたが職場で働いているかを確かめるものです。主に、職場に電話をかけてあなたが在籍しているかを確認します。働いていることが確認できたら、借り入れができるようになります。

申し込み時間や曜日によっては在籍確認が難しい時もあります。そのような時は、書類による在籍確認を消費者金融に依頼すべきです。申し込みの時に、電話による在籍確認が出来ない旨を伝え、書類審査に切り替えてもらうのです。

『書類による在籍確認に必要なもの』

  • ・全国健康保険協会発行の健康保険証or組合保険証
  • ・給与明細

働いている会社の名前などの情報が記載されていることが条件です。在籍確認を書類で済ませられれば、電話による確認をわざわざされることはありません。会社が休みの日であったとしても、即日融資が受けられるようになります

ノーローンで今すぐお金を借りる

「何度でも1週間無利息サービス」でお馴染みのノーローンでは、二つの方法で即日振込みを実施中です。こちらではそれぞれの方法について紹介します。

・インターネット申し込みによる即日振込みの流れ

インターネットからノーローンへ申し込み(24時間受付中)

審査結果の連絡(メールにてお知らせ)

審査の突破

「即日振込サービス」の選択(審査結果詳細ページより)

必要事項を入力

振込キャッシングの実施

必要事項の入力に関しては、

  • ・振り込み希望金額
  • ・振込先口座情報
  • ・希望の返済日
  • ・カード暗証番号

などを入力します。

確実に即日融資されるわけではなく、手続きの完了が午後0時30分以降になってしまうと翌営業日にまわされてしまいます。楽天銀行に口座を持っている場合には、平日の午後5時までは即日振込みが可能です。

・電話申し込みによる即日振込みの流れ

フリーコールから申し込みを実施(スマホ、ケータイからも可能)

審査結果の連絡(電話にて連絡あり)

電話にて幾つかの質問に答える

振り込みキャッシングの実施

フリーコールは2種類あります。

  • ・ノーローンダイヤル
  • ・女性専用レディーダイヤル

女性であればどちらから申し込んでも構いません。

審査結果後に電話で聞かれることですが、振込希望金額・振込先口座情報・希望の返済日などです。

・カード発行による即日キャッシングも可能

ノーローンに関しては、「レイクの自動契約コーナー」が利用できます。レイクの自動契約コーナーは土・日・祝日も対応しており、カードを利用した即日にキャッシングも利用できるのです。

レイクの自動契約コーナーでカード発行をしてもらったうえでの即日融資方法は2つあります。

  • ・申し込みをパソコンやケータイで実施し、審査結果が出てから自動契約機コーナーへ向かってカードを発行してもらう方法
  • ・最初から自動契約機コーナーへ向かって申し込みからカード発行までしてもらう方法

即日カードを利用したい場合には、上記のいずれかの方法を選択してください。

街金で今すぐお金を借りる

・そもそも街金とは?

主に小規模の消費者金融業者のことを指している言葉です。たとえば愛知県だけ、とか東京都だけ、といった地域限定で貸し出しを実施しています。全国展開しているわけではないので、自分の住んでいる地域(働いている地域)にある街金でなければ基本的に利用できません。

・ヤミ金ではないのか?

ヤミ金が紛れ込んでいることは間違いありません。基本的に小規模の事務所を持っていないような貸金業者がヤミ金であるケースが多くなっています。もちろん、中には事務所を抱えており、普通の街金であるように装っているケースも少なくありません。

街金を利用して、実質年率が20.0%を超えていた場合にはヤミ金である可能性が高いです。街金であろうと利息制限法(キャッシングの金利の上限を定めた法律)を守らなければなりません。その法律に定められた上限金利は20.0%なのです。

・街金で即日融資をしてもらえるのか?

即日融資に対応しているケースが多いです。必要書類を店舗などに持って行き、その場でカード発行を受けます。そして店舗に備え付けられているATMなどでお金を引き出すことが出来るのです。

最近では、街金もインターネットで申し込めるケースが増えてきています。インターネットに対応している街金の多くは、振込キャッシングにも対応してくれます。平日の午後2時までに審査が完了していれば、即日振込キャッシングをしてくれる、といった街金もあるのです。

・街金を利用するメリット

審査が比較的柔軟、といったものがあります。大手の消費者金融業者などは、ブラック状態になっている方には基本的にお金を貸し出しません。

街金は、大手と違って利用する人が限られています。ブラックだからといって断っていたらビジネスにはなりません。だからこそ、ブラック状態であっても貸し出しを行ってくれるのです。

ブラック状態になっている方への貸出は基本的に少額です。利用限度額が50,000円程度になることも珍しくはありません。

今すぐに借りられるところで結局おすすめのところはどこなのか?

・大手の消費者金融

  • ・安心して借り入れが出来る
  • ・さらに土曜日や日曜日、そして祝日にも対応している
  • ・全国からの申し込みにも対応している
  • ・全国のATMが利用できる

以上のようなメリットが、大手の消費者金融業者にあります。お金を借りるということには、どうしても不安がつきまとってしまうものです。少しでもメリットがある所を利用すべきです。

・大手の消費者金融で特におすすめのところはどこ?

プロミスをおすすめします。お勧めとポイントとして、大手の中で最も金利が低い、といったものがあります。

他の消費者金融の最高金利は18.0%であることがほとんどです。プロミスは17.8%に設定されています。0.2%ではありますが、有利な状態で融資してもらえます。

もう一つおすすめの理由としてあげられるのが、「無利息サービス」を実施している、といったことです。30日間に設定されているのですが、その期間は利息が一切かかりません。初回限定、といった条件もつきますが、お得な利用ができるのです。 *プロミスの無利息30日間無料サービスを利用するにはメールアドレスの登録とWEB明細利用の登録が必要です。

【プロミスの基礎情報】

  • ・商品名・・・フリーキャッシング
  • ・利用限度額・・・500万円まで
  • ・実質年利率・・・4.5%から17.8%
  • ・遅延利率 (実質年率)・・・20.0%
  • ・返済方式・・・残高スライド元利定額返済方式
  • ・返済日・・・5日、15日、25日、末日の中から選択可能
  • ・融資金使途・・・生計費(個人事業主の方は事業費としての利用も可能)
  • ・担保・保証人・・・原則不要
  • ・必要書類・・・本人確認書類、収入証明書類(不要なケースもある)

その他今すぐにお金が必要な時に取れる手段

・キャッシング(クレジットカード)

ここまで主に消費者金融と銀行カードローンについて語ってきたので、こちらではクレジットカードについて軽く触れます。

クレジットカードは基本的に即日キャッシングが難しいです。カード発行に時間がかかってしまうからです。しかし、クレジットカードであれば、すでに2枚や3枚持っている方も多いですよね。そのクレジットカードを利用してキャッシングする方法があります。

持っているクレジットカードにキャッシング枠は付いているでしょうか。付いている状態で、しかも枠にあまりがある場合には、ATMを利用してお金を引き出せます。

ATMについては、カードについているブランドが使えるところを探す必要があります。

  • ・JCB
  • ・VISA
  • ・マスター

以上の3つの国際ブランドであれば多くのATMが対応しているので、すぐにお金を引き出せます。

※アメリカンエキスプレスやダイナースも有名な国際ブランドですが、対応しているATMは少なめです。

・知り合いにお金を借りる

  • 親などの家族からお金を借りる
  • 友人からお金を借りる

少額であるケース、またはお金を貸してくれそうな方が知り合いにいた場合には活用できる方法です。ただし、トラブルに発展してしまう可能性もあるので注意してください。

トラブルを防ぐために「借用書」の記載がおすすめです。借金の契約書となるので、それなりの効力を発揮します。借用書があることでお金を貸してくれやすくなる、といった効果もあります。

・学校や会社からお金を借りる

学生であれば学校からお金を借りる、といったことも出来ます。数千円から数万円まで借りられたケースがあるので、お願いしてみるのも一つの方法です。ただし、正当な理由がなければ貸し出してくれることはありません。

会社からお金を借りられることがあります。ただ、学生の学校からの借り入れと同じく、正当な理由がなければ貸し出してくれないこともあるので注意してください。

お金を借りる、とは少し変わってきますが、給与の前払いを依頼することも可能です。非正規社員には対応していないケースが有りますが、会社によっては契約社員でも利用できることがあります。

・交番からお金を借りる

公衆接遇弁消費と呼ばれる制度があります。財布をなくしてしまった場合など、帰宅が困難な時にお金を貸してくれる制度です。

上限については詳しい定めがありませんが、1,000円程度までなら貸してくれる、といった話もあります。一方で警察官が自腹で貸してくれる、といったケースもあり、制度がどこまで浸透しているかは不透明です。

交番からお金を借りるときは、

  • ・名前
  • ・住所
  • ・電話番号

などの個人情報を伝えることになります。返済については、原則的に借りた交番に返しに行くことになっていますが、最寄りの交番などに返済しても良いとされています。