土日に当日申し込みでその日にお金を借りる方法と選ぶべき金融機関について

一般的に即日融資を受けられるのは平日のみ、と考えられています。しかし、諦める必要は全くありません。土・日・祝でも即日融資を受けることは十分に可能なのです。注意して欲しいのが即日融資してくれるところは限られる、といったことです。

業者選びもしなければなりません。実は特定のタイプのキャッシング業者は、平日以外の即日融資に対応していないのです。

さらに、申込手順についても考える必要があります。

こちらでは、平日以外に即日融資を受けるための方法を徹底的に解説します。週末の借り入れを諦めていた方は必見です。

土日祝日でも当日中にお金を借りる方法

まずは平日以外で即日融資を受けられる一般的流れについてお話します。その上で、より確実に即日融資を受けるために必要なことを個別に解説していきます。

・土曜日曜祝日に即日融資を受ける一般的な流れ

平日以外でも即日融資に対応してくれているキャッシング業者を探す

インターネットや無人契約機で申し込み

無人契約機でカードを受け取る

専用、または提携ATMでキャッシング

特に重要になってくるのが、土・日・祝日の即日融資対応している消費者金融を見つけ出すことです。そもそも、平日しか即日融資に対応していない、としているキャッシング業者は少なくありません。業者は選びを間違えてはいけません。

申込方法については、基本的にインターネットか無人契約機を利用することになります。インターネットによる申し込みですが、パソコンだけでなくスマートフォンやケータイでも利用できる場合があります。無人契約機の場合は営業時間もあるので気をつけるべきです。

いくら平日以外の即日融資を受け付けている業者であったとしても、無人契約機の営業時間外の申し込みでは即日融資が出来ません。

※無人契約機の営業時間は個別に設定されています。平日と土・日・祝日の営業時間が異なっていることもあるので気をつけてください。

申し込みが完了して審査も突破出来たら、次に注目すべきはどのようにして融資を受けるのか、といったことです。基本的に振込キャッシングは利用できないので、ATMで融資をしてもらうことになります

ATMで融資をしてもらうためにはローンカードが必要です。ですから、必ず無人契約機に向かわなければなりません。インターネット申し込みであったとしても、無人契約機へは行かなければならないのです。

カードを発行してもらったら、無人契約機に設置されている専用ATMでも良いですし、ほぼ24時間利用できるコンビニ系の提携ATMを利用しても構いません。そこでキャッシングを利用する、といった流れになります。

ここまでの内容は基本的な流れです。土・日・祝日に、より確実に、よりスピーディーに即日融資を受けたいのであれば、もう少し対策を練る必要があります。

・必要書類を事前に用意しておくこと

平日よりも即日融資対応時間が短くなっている可能性もあるので、必要書類に関しては必ず事前に用意しておくがあります。審査を受けてから必要書類を用意する、といったことを行ってしまうと、時間をロスすることにもなりかねません。

以下に、審査申し込み時に用意しておくべき必要書類を掲載します。

『本人確認書類』

・運転免許証

免許証がなければ

・パスポート

・健康保険証など

本人確認書類は基本的に運転免許証が最も重視されます。運転免許証を用意できない場合には、その他の本人確認書類で構いません。

ちなみに、実際に住所と本人確認書類の住所が異なる場合には以下の書類を合わせて提出しなければなりません

・公共料金の領収書

・国税、地方税の領収書

・社会保険料の領収書

・納税証明書

いずれか一つを用意してください。

所得証明書が必要となる場合もあります。高額融資を希望していたり、他社借入があったりする方は以下の書類を事前に用意しておくべきです。

『所得証明書例(50万円を超える借入を希望、または他社の借入があるケース)』

・給与明細書(直近2ヶ月から3ヶ月分)

・源泉徴収票

・納税証明書

・所得証明書

・市民税県民税額決定通知書

 

・審査申し込み後に電話連絡をする

ちょっとした裏技として用いられることもあります。どうしてもすぐに融資をしてもらいたい時に、審査に申し込みをしたあとに、直接キャッシング業者へ連絡するのです。そして『優先的に審査をしてもらいたい旨』を伝えます。

たったそれだけで、審査を早く行ってくれることもあります。

電話の連絡先ですが、大手の消費者金融業者であれば「フリーコール」といった番号が用意されています。そちらに電話連絡してください。「先ほど申し込んだ〇〇ですが・・・。」といった感じで話し始め、あと優先審査をお願いすれば良いだけです。審査の結果が出るまでに10分や20分程度ですが、時間短縮ができる可能性が出てきます

・電話連絡なしの申し込みを実施する

土・日・祝日に働いている職場が休み、といったケースは必ず『在籍確認無し』に対応している申し込み方法を選択しなければなりません。職場が休みであれば、キャッシング業者電話連絡できません。電話による連絡を実施している申込方法では、即日融資が自動的にできなくなってしまうのです。

電話連絡無しの申し込みに関しては、対応している業者としていない業者があります。見分け方としては、「WEB完結」系の申し込みができるか出来ないかをチェックしてください。WEB完結系の申し込みを取り扱っている業者は、基本的に電話連絡なしのに対応しています。電話連絡なしでの申し込みを希望の場合、WEB申し込み後すぐにコールセンターに電話して問い合わせてみてください。

※大手消費者金融・・・アコム、アイフル、SMBCモビット、プロミス

『SMBCモビットでWEB完結の借り入れをする時に必要になる書類』

<本人確認書類>

・運転免許証

なければ

・パスポート

所得証明書類(いずれか一つ)>

・源泉徴収票

・税額通知書

・所得証明書

・確定申告書

・給与明細書(直近2ヶ月)(用意できる場合は1年分の賞与明細書)

勤め先を確認できる書類(2つとも必要)>

・健康保険証(社会保険証、または組合保険証)

・給与明細書(直近1ヶ月分)

 

・審査申し込み時間はなるべく早く

平日も一緒ですが、休日の場合でもなるべく早い時間帯に申し込むことが絶対条件です。遅い時間帯に審査申し込みをしてしまえば、審査結果や融資が翌日以降にまわされてしまうかもしれません。

即日融資に対応してくれる時間ですが、各社、対応に違いがあります。

以下に大手消費者金融の即日審査回答してもらえる時間帯を記載します。

・SMBCモビット・・・午前9時から午後9時まで

・プロミス・・・午前9時から午後9時まで

・アイフル・・・午前9時から午後9時まで

・アコム・・・午前9時から午後9時まで

4つの業者すべての消費者金融で午前9時から午後9時までの申し込みに関しては即日審査回答をしてくれることがわかりました。だからといって午後9時までに申しこめばよいのではありません。土・日・祝日でも確実に即日融資をして貰うためには、午後8時までには申し込みを完了させておきましょう

上記した時間は、あくまで審査回答をしてくれる時間です。午後8時50分に申し込んだとしたら、午後9時までに審査結果を出すのは各社ともに不可能です。書類確認や在籍確認もしなければなりません。要は、午後9時までに審査が終るような申し込みをしなければならないのです。その基準の一つが60分です。

多くの消費者金融では審査回答までにかかる時間を最短30分としています。あくまで最短なので、もう少し余裕を持った60分といった数字が出てくるのです。

・振込キャッシングについて

基本的に土日や祝日の即日融資を受ける場合は、カードを利用したATM 出金が基本です。ただ、稀に振込キャッシングによる休日の即日融資対応している業者もあります

インターネットバンクに口座を持っている場合については、振込キャッシングを可能としているところがあるのです。

『アコムの即日振込キャッシング』

・楽天銀行の口座を持っていることが条件・・・ほぼ24時間振込可能

『プロミスの即日振り込みキャッシング』

・三井住友銀行の口座を持っていること・・・24時間振込可能

・ジャパネット銀行に口座を持っていること・・・24時間振込可能

※消費者金融によって対応しているネットバンクの口座が異なるので、その点は注意すること。

土日祝日にお金を借りる場合に注意しなければならない事

・利用条件に合致していなければ利用できない

土日・祝日にお金を有りたいと思っている方は、焦っているケースが多いです。利用条件をチェックせずに、申し込んでしまっている方も少なくありません。しかし、あなたが条件にマッチングしていなければ審査を通してくれることは基本的にないのです。

利用条件で主にチェックして欲しいのが、

  • ・年齢
  • ・収入

以上の2点です。何歳から何歳まで対応しているのか収入についてはどのような方針を持っているのか、といったことが重要です。

以下に、幾つかの消費者金融の利用条件を記しておきます。

『プロミスの利用条件』

・年齢・・・20歳以上69歳以下

・収入・・・本人に安定した収入があること(主婦、学生、アルバイト、パートも利用可能)

『アイフルの利用条件』

・年齢・・・20歳以上(70歳になった時点で新規借入不可)

・収入・・・定期的な収入と返済能力を有すること

『アコムの利用条件』

・年齢・・・20歳以上69歳以下

・収入・・・安定した収入と返済能力を有していること

『SMBCモビットの利用条件』

・年齢・・・20歳以上69歳以下

・収入・・・安定した収入のある方(アルバイト、パート、自営業も利用可能)

※安定した収入については、金額は特に問題視されていません。原則的に、借入希望額を返済出来るだけの収入があれば、「安定した収入」と判断してもらえます。

・銀行カードローンはほぼ対応していない

銀行カードローンは営業日以外の対応はかなり難しいです。特に即日融資、といったことを考えると平日しか対応していないところがほとんどです。

銀行カードローン限度額が高く金利も低いといったことで利用したい方も多いかもしれませんが、休日の即日融資の利用には適していません。

知名度の高い銀行カードローンで、唯一休日の即日融資を実施しているのが「三菱UFJ銀行 バンクイック」です。バンクイックに関しては、無人のテレビ窓口といった契約機があり、即日カード発行が受けられます。だからこそ、休日のでも即日対応してくれるのです。

どうしても銀行カードローンでなければ嫌だ、といった場合には「三菱UFJ銀行 バンクイック」を選択してください。

・クレジットカード業者もほぼ対応していない

クレジットカードは基本的に即日審査を実施していません。郵送などの申し込みやネットなどの申し込みが行われており、カードの発行所を設けていないことがほとんどです。カード発行までに1週間や2週間かかってしまう、といったことも普通です。クレジットカード業者を利用して即日融資を受ける、といったことは休日だけでなく、平日もほぼ出来ません。

数少ない即日発行対応のクレジットカードの一つに消費者金融業者のアコムで発行している「アコムACマスターカード」があります。アコムACマスターカードであれば、即日融資も可能です。アコムの無人契約機である「むじんくん」でクレジットカード発行をしてもらえるからです。

アコムACマスターカードに関しては、一般的なアコムのキャッシングサービスと比較すると特に大きな違いはありません。

もちろん、ショッピング利用ができる、といったメリットは有ります。世界的国際ブランドのマスターカードが付いているので、多くの店舗で利用できます。

『アコムACマスターカードの基礎情報(ショッピング枠)』

・利用限度額・・・300万円まで

・手数料/実質年利率・・・10.0%から14.6%

※ショッピングとカードローンのご利用合計の上限は500万円まで

土日祝日にお金を借りる時におすすめの消費者金融一覧

『おすすめの大手消費者金融』

  • ・プロミス
  • ・アコム

『銀行カードローンのおすすめ業者』

  • ・三菱UFJ銀行 バンクイック

・プロミスがおすすめの理由

30日間の無利息サービスが休日の即日融資利用時にも適用されるからです。

無利息サービスの利用にはいくつかの条件があります。

  • ・はじめての申し込みであること(過去にプロミスを利用したことがない)
  • ・WEB明細利用登録とメールアドレスの登録

以上の2点をクリアしていれば、プロミスで30日間の無利息借り入れが可能になります。

無利息サービスにはどのくらいのメリットが有るのでしょうか。以下の条件でシミュレーションしてみましょう。

  • ・借入金額・・・500,000円
  • ・適用利息(実質年利率)・・・17.8%
  • ・借入期間・・・30日

計算式は「500,000×17.8%÷365×30」となります。結果は、約7,315円となりました。上記の条件でプロミスにて借り入れをすれば、7,000円ちょっとの利息が無料になるのです。

三井住友銀行やジャパンネット銀行に口座を持っていれば最短10秒で振り込んでくれる、といったメリットも忘れてはなりません。ほぼ24時間で対応してくれています。土日・祝日でも関係なく振り込んでくれます。

『プロミスの詳細情報』

  • ・利用限度額・・・10,000円から500万円まで
  • ・実質年利率・・・4.5%から17.8%
  • ・返済期間、及び返済回数・・・最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
  • ・担保、連帯保証人・・・原則不要
  • ※収入証明書類は50万円超の限度額を希望するときに必要になります。

・アコムがおすすめの理由

無利息サービスが利用できること、さらに楽天銀行に口座を持っていれば、土日・祝日でも即日最短1分で振り込んでくれる、といったことがあります。

アコムの無利息サービスを利用する場合にも条件があります。

  • ・アコムの契約がはじめてであること(過去に利用していた経験がある方は対応外)
  • 返済期日「35日ごと」で契約したこと

以上の2つの条件にマッチングした方は、土日・祝日の申し込みであったとしても無利息サービスが適用されます。

返済期日が『35日ごと』にされてしまうと、結果的に5日分の利息を支払うことになるのでは、といったことを考えてしまう方もいるかもしれません。しかし、アコムでは、繰り上げ返済などにも対応しています。利息金を支払いたくないのであれば、借り入れてから30日以内に全額返済を実行してしまえば良いだけです。何も35日になるまで返済を待つ必要はありません。

※無利息サービスは、借り入れた日の翌日から無利息になるのではありません。契約した日の翌日から30日間が対象です。契約してからすでに30日超えてから借り入れた場合には、無利息期間は適用されません。

『アコムの詳細情報』

  • ・利用限度額・・・500万円まで
  • ・実質年利率・・・4.7%から18.0%
  • ・返済期間、及び返済回数・・・最終借り入れから最長6年9ヶ月まで、80回まで
  • ・必要書類・・・本人確認書類、収入証明書類(条件付き)
  • ・担保、連帯保証人・・・原則不要
  • ※収入証明書類は50万円超の限度額を希望するときに必要になります。

・三菱UFJ銀行 バンクイックがおすすめの理由

銀行から借り入れするという圧倒的な安心感、さらに圧倒的低金利で借り入れができる、といったメリットもあります。

三菱UFJ銀行 バンクイックは銀行が行っているカードローンサービスです。銀行なので、金利も消費者金融業者やクレジットカード(キャッシング枠)を比較してもかなり有利です。結果的に返済金額が少なくて済む、といったメリットがあります。

『三菱UFJ銀行 バンクイックの実質年率の内訳』

  • ・利用限度額が10万円以上100万円以下・・・実質年利率12.6%から14.6%
  • ・利用限度額が100万円超から200万円以下・・・実質年利率9.6%から12.6%
  • ・利用限度額が200万円超から300万円以下・・・実質年利率7.1%から9.6%
  • ・利用限度額が300万円超から400万円以下・・・実質年利率6.1%から7.1%
  • ・利用限度額が400万円超から500万円以下・・・実質年利率4.6%から6.1%

100万円以下であったとしても15.0%を下回る金利で貸し出してくれます。消費者金融業者であれば18.0%程度で貸し出していることが多いので、3.0%以上もバンクイックのほうが有利であることがわかります。

また、実質年利率が限度額によって個別に設定されていることにも注目です。たとえば、自身の希望利用限度額でどのくらいの実質年利率が設定されるのか、といったこともシミュレーションできます。

『三菱UFJ銀行 バンクイックの詳細情報』

  • ・利用限度額・・・10万円以上500万円まで
  • ・実質年利率・・・4.6%から14.6%
  • ・必要書類・・・本人確認書類、収入証明書類(条件付き)
  • ・担保、連帯保証人・・・原則不要
  • ※バンクイックの収入証明書類は、100万円超の利用限度額を希望するときのみ必要になります。