フリーターがお金を借りるために必要な条件とは?

キャッシングしやすい属性といえば正社員です。一方で、アルバイトなどで生計を立てているフリーターに関しては審査が厳しい、といった印象を持たれがちです。しかし、しっかりと条件をクリアしていればフリーターでも問題なく借り入れは可能なのです。

こちらではフリーターがキャッシングするときの注意点や実際にどこで借り入れできるのか、さらに即日融資してくれるところはあるのか、といったことをお話します。

フリーターの方でお金を借りたい、と思っている方は必見です。

 フリーターでもお金を借りる事は可能なのか?

・フリーターでも借り入れは可能

様々なキャッシング業者の「商品説明」や「貸付条件」を確認してください。

【アコムの貸付条件】

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

【アイフルの貸付条件】

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

以上のようなことが掲載されています。

注目して欲しいのが、「定期的な収入」と「安定した収入」です。その二つの意味がわかれば、フリーターが借り入れできることがわかります。

定期的や安定的というのは、毎月一定の収入がある、といったことを指し示しています。アルバイトに関しても、毎月しっかりとお給料が発生しますよね。10万円であろうと数万円であろうと、定期的かつ安定的な収入があれば借り入れはできるのです。

キャッシング業者の中には、「アルバイト・パートの方の利用も可」としっかりと明示しているところも多くなっています。特に消費者金融業者でお金借りる、といったことを考えている方は安心してください。基本的にフリーターの方の利用は認められているのです。フリーターであることが理由で審査に落とされる、といったことはないです

・フリーターで借り入れできないタイプのキャッシング業者とは?

  • ・一部の銀行カードローン
  • ・ゴールドカードなどの上級系クレジットカード

フリーターで借り入れできないタイプのキャッシングについては、銀行カードローンの一部があります。たとえば、「年収400万円以上なければ利用できない」としているカードローンもあるのです。フリーターで年収400万円を達成するのは難しいですよね。銀行カードローン業者としても、年収400万円といった条件を設定している以上、「正社員のみ」といった条件を設定していることが少なくありません。

ゴールドカードなどのクレジットカードについても、フリーターの方は審査落ちしてしまう確率が極めて高いです。詳しく利用条件が示されていないカードであったとしても、「年収500万円以上」、「正社員に限る」といった条件を設定しているケースが少なくありません。

逆に考えてみれば、

  • ・条件を緩めにしているカードローン業者
  • ・スタンダード系のクレジットカード

であれば、フリーターでも利用できる、ということです。「正規雇用されていないから」などと考えて借り入れを諦める、といった必要は全く無いのです。

 フリーターでもお金を借りる事ができるカードローン一覧

・大手消費者金融のすべてが利用可能

  • ・プロミス
  • ・モビット
  • ・アイフル
  • ・アコム

上記の4つのカードローンですが、消費者金融の中でも最大手に分類されます。その全てで、フリーターの借り入れを認めているのです。ただし安定した収入がある方に限ります。

プロミスとモビットの貸付条件を以下に記載します。

【プロミスの貸付条件】

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方

主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます

【モビットの貸付条件】

年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方。

アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です

どちらに関しても、アルバイト・パートの利用を認めているのでフリーターも利用可能としていることがはっきりと分かります。

【4大消費者金融の詳細情報】

『プロミス』

・利用限度額・・・500万円まで

・実質年利率・・・4.5%から17.8%

・遅延損害金(実質年利率)・・・20.0%

・返済方式・・・残高スライド元利定額返済方式

・担保・保証人・・・原則不要

『モビット』

・利用限度額・・・10,000円から800万円

・実質年利率・・・3.0%から18.0%

・遅延損害金(実質年利率)・・・20.0%

・返済方式・・・借入後残高スライド元利定額返済方式

・担保・保証人・・・原則不要

『アイフル』

・利用限度額・・・500万円まで

・実質年利率・・・4.5%から18.0%

・遅延損害金(実質年利率)・・・20.0%

・返済方式・・・借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

・担保・保証人・・・原則不要

『アコム』

・利用限度額・・・10,000円から500万円

・実質年利率・・・4.7%から18.0%

・遅延損害金(実質年利率)・・・20.0%

・返済方式・・・定率リボルビング方式

・担保・保証人・・・原則不要

・フリーターでも利用できる主な銀行カードローン

  • ・三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
  • ・新生銀行カードローン レイク
  • ・楽天銀行 スーパーローン
  • ・三井住友銀行カードローン
  • ・イオン銀行カードローン BIG

フリーターも利用可能な大手の銀行カードローンを記載しました。この他にもいくつもの銀行カードローンがフリーターの利用を認めています。

新生銀行カードローン レイクに関しては、「20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)」とホームページに明記しています。

【フリーターが利用できる主な銀行カードローンの詳細情報】

『三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック』

・利用限度額・・・10万円から500万円(10万円単位)

・実質年利率・・・4.6%から14.6%

・遅延損害金(実質年利率)・・・通常借入の金利と同じ

・返済方式・・・残高スライドリボルビング方式

・担保・保証人・・・原則不要

『新生銀行カードローン レイク』

・利用限度額・・・10,000円から500万円

・実質年利率・・・4.5%から18.0%

・遅延損害金(実質年利率)・・・20.0%

・返済方式・・・残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式

・担保・保証人・・・原則不要

『楽天銀行 スーパーローン』

・利用限度額・・・500万円まで(10万円単位)

・実質年利率・・・4.9%から14.5%

・遅延損害金(実質年利率)・・・19.9%

・返済方式・・・残高スライドリボルビング返済方式、元利込定額リボルビング返済方式

・担保・保証人・・・原則不要

『三井住友銀行カードローン』

・利用限度額・・・800万円まで(10万円単位)

・実質年利率・・・4.0%から14.5%

・遅延損害金(実質年利率)・・・19.94%

・返済方式・・・残高スライド方式

・担保・保証人・・・原則不要

『イオン銀行カードローン BIG』

・利用限度額・・・30万円から800万円

・実質年利率・・・3.8%から13.8%

・遅延損害金(実質年利率)・・・19.8%

・返済方式・・・残高スライド方式

・担保・保証人・・・原則不要

※残高スライドリボルビング返済方式とは・・・利用残高に応じて返済額が決まる

※元利込定額リボルビング返済方式とは・・・利用限度額に応じて毎月一定額を返済する

消費者金融と比較すると、利用限度額が高いこと、金利の設定率(特に最高実質年利率)が有利であることがわかります。

 なぜフリーターでもお金を借りる事ができるの?

・返済能力があるから

審査でチェックしてくるのは返済能力の有無です。返済能力がある方にお金を貸します。一方で返済能力がない、と判断できる方にはお金を貸しません。

フリーターには返済能力がないでしょうか。収入があるということは、その中から返済に回せるお金がある、ということなのです。だからこそ、フリーターであったとしてもお金を借りることは可能です。

返済能力ですが、収入額が高ければ必ずしもある、とは判定されません。

たとえば、

・年収180万円のフリーターで借金がゼロ

・年収450万円の正社員で借金が100万円ある

といったケースでは、収入が少ないフリーターの方が高評価を受ける可能性もあります。収入額だけを見てキャッシング業者は審査をしているわけではありません。まずは収入があり、その上で返済能力があるのかといったことを確かめているのです。

・ビジネスのためだから

消費者金融はお金を貸すことで利益を得ています。お金を貸して、利息を取ることをビジネスとしているのです。

正社員の数が圧倒的に多く非正規社員が少なければ、わざわざフリーターにお金を貸し出す必要はありません。しかし、近年では非正規雇用者の割合が以前では考えられないほどに増えているのです。

仮に、正規社員にしかお金を課さない、としてしまうと消費者金融は利益を上げることが難しくなります。要は、フリーターにも貸し出さなければ消費者金融はやっていけない時代に入ってきているのです。

【全体の労働者のうち非正規雇用者の割合】

・1990年・・・20.0%

・1995年・・・20.8%

・2000年・・・25.8%

・2005年・・・32.2%

・2010年・・・33.6%

・2015年・・・37.6%

※労働力調査より

1990年はバブルの時期でもあり非常に景気も良かったわけです。しかし、90年代後半に入ると、徐々に非正規雇用者の割合が増え始めます。就職氷河期と言われる時代に突入し、正社員として雇ってもらえない方が増えていったのです。

※就職氷河期世代・・・現在の30代なかばから40歳くらいまで

近年は景気が持ち直していると言われていますが、非正規雇用者の割合は高止まりしているままの状態です。今後急激に減るとは考えられません。確かに若年層(15歳から34歳まで)のフリーターの数は、2005年以前は200万人もいましたが、2014年の調査では180万人弱まで減少しています。一方で、中年フリーターが増えている、といった結果も出ているのです。

現状で4割り近くもいるフリーターに貸し出さないでは、ビジネスは成り立ちません。だからこそ、フリーターであったとしても問題なく借り入れができるのです。

・フリーターであっても総量規制がクリアできるから

2010年の貸金業法の改正で大きく変化したのが、借り入れ上限額の基準です。総量規制といったものが出来て「年収の3分の1を超える借り入れはできない」と決まりました。

社会問題化していた多重債務にならないように制限を加えたのです。総量規制の結果、高額の借り入れができない、といった状況が生まれました。

総量規制の制定はフリーターにとってマイナスがある、と感じてしまうかもしれません。しかし、必ずしもマイナスとはいえません。貸金業法によって、年収の3分の1までは借り入れできる、といったことが明確化されたのです。

フリーターは収入があります。その収入の3分の1までは借りられる、といった権利があることも分かったわけですよね。

フリーターであったとしても、年収の3分の1の借り入れを申し込む分には全く問題ありません。キャッシング業者としても高額貸し出しがしにくくなったので、パート・アルバイトといった方に対する少額貸し出しにも力を入れ始めています

※銀行カードローンに総量規制は適用されません。適用されるのは、消費者金融業者と信販業者(クレジットカードなど)です。

フリーターがお金を借りる際に気をつけておきたい事

・収入額の高低

いくら「フリーターでも利用できる」、と明言しているキャッシング業者であったとしても、収入額があまりに低い場合には審査落ちしてしまいます。フリーターであったとしても収入は少しでも高いほうが良い、といったことは知ってくべきです。

各キャッシング業者ではどのくらいの収入がないと審査を通さない、といったことは明言していません。しかし、幾つかのボーダ―ラインが有ることは確かです。

一つ目のボーダーラインは年収200万円です。アルバイトとして稼ぐのは少し難しいですが、収入が多いタイプのフリーターである、といった判定をしてもらえます。

二つのボーダーラインが年収100万円です。専業主婦であったり、学生であったりする場合には一つの区切りになりますよね。100万円の収入があると、総量規制の兼ね合いから30万円程度の限度額設定になることが多いです。100万円を下回ってしまうと、限度額設定も低くなってしまうので、思ったような借り入れができない、といった状態になることも考えられます。

収入額だけでなく、安定性も重要です。月に20万円近く稼げる時もあれば、月に50,000円しか稼げない時もある、といった状態は不利です。それよりも毎月10万円をコンスタントに稼ぐ、といった方のほうが評価されることも少なくありません。

・勤続年数の長短

アルバイトやパートであったとしても、審査では勤続年数が大きく関わってきます。一つの基準となるのが1年間です。フリーターの場合は、長期間にわたって同じ所で働かない、といった特徴があるのですが、少しでも長いほうが有利です。

キャッシング業者として最も恐ろしいのは、急に仕事をやめられてしまうことです。収入を信用に貸し出していたのに、無職になればその収入がなくなってしまいます。返済能力がなくなってしまうことを意味するので、滞納されてしまう、といったことを考えてしまうのです。

・勤続年数が長いフリーター・・・急に仕事を辞めるリスクが低い

・勤続年数が短いフリーター・・・急に仕事を辞める確率高い

特に注意して欲しいのが、いまの職場で働き始めて3ヶ月以内、といったケースです。あまりに勤続年数が短いので、それだけの理由で貸し出しを断られてしまう例もあります。

・他社借り入れ件数、借入額について

フリーターの審査落ちの原因で特に多くなってしまっているのが、他社の利用です。他のキャッシング業者ですでに借り入れている、といった場合には審査落ちになってしまう確率が高まります。

・他社借り入れ件数が複数に及んでいる

・他社借入額が年収の3分1近くある

上記に該当するような方は、キャッシング審査は圧倒的に難しくなります。借入件数が多かったり、多額の借金をすでにしている場合には、返済能力に著しく問題がある、と判断されてしまうのです。

当たり前のことですが、

「他社借り入れ件数ゼロ、他社借入額ゼロ」

といった方のほうが圧倒的に審査は有利です。

フリーターは収入が少なく不安定だと思われているからこそ、他社借入に関しては注意すべきです。

もちろん、急にそれらをゼロにすることは出来ないでしょう。その場合はしばらく返済に注力して、借金がある程度減ってきたら申し込みを実施する、といったことを行ってください。

・審査に通らないからといって虚偽の報告はしないこと

フリーターであると審査に通りにくい、といったことで審査時に様々な嘘をついてしまう方がいます。収入額や雇用状況(アルバイトなのに正社員として記載してしまう)などで嘘をついてしまうケースが多いのです。

バレないと思っているかもしれませんが、収入証明などをしなければならない段階に至ったら確実に嘘が発覚してしまいます。正社員のわりに収入が少ない、といったことでいろいろと確認を取られてしまうこともあります。

嘘をついていたことが発覚してしまえば、信用出来ない人物と断定されてしまい審査に落ちてしまいます。さらに、その消費者金融の社内ブラックに登録されてしまうかもしれません。今後、その業者に申し込んでも審査落ちしてしまう状況になりかねないのです。

 フリーターがお金を借りる事ができる金融機関の中でも即日融資に対応している金融機関

クレジットカードに関しては除外します。全く即日融資が出来ないのではありませんが、そもそもクレジットカード発行までに時間がかかるケースが多いのです。最短融資までに、数日から2週間程度かかってしまうことが多いので、即日融資目的での利用には適していません。

・主なフリーターも利用できる即日融資対応な消費者金融

  • ・プロミス(プロミスレディース含む)
  • ・アコム
  • ・モビット
  • ・アイフル

大手消費者金融は、すべて最短即日融資を実施しています。フリーターの利用も認めているので、安心して申し込みができます。しかし、申し込み時間によっては最短即日融資に対応できないこともあります。なるべく早い時間帯。たとえば午前中までに申し込む、といったことを実施してください。

プロミスの場合の即日振込みにおける融資の締め切り時間ですが、平日の午前9時から午後2時50分までに手続きが完了していることが条件です。

振込の場合の締め切り時間ではありますが、近くにキャッシング対応のATMが無かったり、無人契約機がなかったりしてカードの発行がすぐしてもらえない、といった場合には振込融資してもらわざるをえません。