キャッシュカードの当座借越を利用してお金を借りる方法

キャッシュカードはお金を引き出すためのものといった印象が強いですが、お金を借りられる、といった印象があることも確かです。こちらでは、そもそもキャッシュカードとはどんなものなのか、さらにそのカードを利用してお金を借りる方法はあるのか、といったことをお話します。仮にキャッシュカードでお金が借りられる、といった状況であれば、新たにクレジットカードやキャッシング・ローンの審査を受ける必要はありませんよね。いま持っているキャッシュカードを利用してお金を借りればよいのです。

お金が足りなくてどこから借りようか悩んでいる、といった方は必見です。

 キャッシュカードでお金を借りる事はできるの?

キャッシュカードを利用してお金を借りることは可能です。しかし、問題があります。すべてのキャッシュカードが借り入れに対応しているわけではありません。一定条件をクリアしているカードでなければダメなのです。

こちらでは、二つのお金を借りられるキャッシュカードのタイプについて紹介します。

・ローン機能付きキャッシュカード

銀行で発行しているキャッシュカードの中には、ローン機能をつけられるものがあります。いわゆる、「銀行カードローン」をキャッシュカードで利用する、といったものです。

銀行カードローンの中には、自分の銀行に口座を持っている場合には、ローンカードを発行しない場合があります。口座の出金などに普段から利用しているキャッシュカードにローン機能を付加できるわけです。

ローン機能付きキャッシュカードに関しては、大きな問題点があります。キャッシュカードを持っているだけでは利用出来ません。必ず審査を受け、突破しなければなりません。仮にその銀行に口座を持っていたとしても、落ちてしまうことがあります。あなたの属性情報や個人信用情報に問題があれば、ローンの利用は出来ないのです。

・当座貸越サービスを利用する

当座貸越とは、普通預金残高を超えて支払いする時に自動的に融資してもらえる、といった機能です・キャッシュカードでお金を借りる、といったことにはそのまま当てはまりませんが、キャッシュカードを持っている状態でも形式上借り入れができる、といったケースの一つです。

当座借越は普通預金口座を持っているだけでは利用できません。定期預金口座がなければ利用できないのです。要は、定期預金口座の残高を担保にお金を借りる、といった感覚になります。

各銀行によって当座貸越金額には大きな違いがあります。当座預金口座の90%まで、といったケースが多いです。

【当座銀行で貸し出してくれる限度の金額例】

・みずほ銀行・・・定期預金の90%まで(最大180万円まで)

・住信SBIネット銀行・・・定期預金の90%まで(最大180万円まで)

・新生銀行・・・定期預金の90%まで(最大で400万円まで)

定期預金口座を担保にしているのですが、当座貸越に関しては利息がしっかりとかかってきます。定期預金の利息率よりも高く設定されているので、借り入れている状態が続いてしまうと、定期預金を積んでいる意味がなくなってしまいます。

長期的に当座貸越を利用してしまうことが予想されるのであれば、定期預金の解約を考えるべきです

しかしキャッシュカードで借りるの手続きはややこしいのが事実。 面倒なのが嫌いな人であればプロミスで借りましょう。

 キャッシュカードってどんなカード?

そもそもキャッシュカードは1種類だけではありません。主に3つの種類にわけられるのです。こちらではキャッシュカードを深く理解するために、まずはキャッシュカードの基礎的な情報を記載し、その後に3つのタイプのキャッシュカードを徹底解説します。

・キャッシュカードとは?

銀行などの金融機関が口座を開設している方に対して発行しているカードのことキャッシュカード、と読んでいます。

一般的な使い方としては、ATMを操作する時に所定の場所に挿入します。入金や出金、さらに振り込みといったサービスを利用する時に利用しているのです。

キャッシュカードがなかった場合であっても、金融機関の専用ATMであれば通帳を利用した一般的な取引は可能です。しかし、コンビニATMなどの提携ATMを利用するケースでは、キャッシュカードでなければ取引ができない、といったケースもあります。

キャッシュカードを持っている事自体には特に維持費はかかりません。年会費も手数料もないのです。カードには有効期限も設定されていません。

近年のキャッシュカードの中には、デビットカードの機能が付加しているものもあります。買物をする時にそのデビットカードを使うと、即座に口座に連動して、口座から利用した分のお金が差し引かれる、といった機能があるのです。買い物ができるのでクレジットカードのような利用ができますが、クレカは後払いですよね。のちのち返済をしなければなりません。デビットカードの場合は、すぐに口座に反映されるので、後で返済する、といったこともありません。

※デビットカードには、クレジットカードのようなキャッシング枠はありません。

・キャッシュカードの種類その1|磁気ストライプカード

最も一般的なキャッシュカードです。

カード本体に刻印をして、磁気ストライプをつけています。金融機関の情報や口座番号といった情報を磁気情報として記録しています。

磁気ストライプカードは、今後縮小していくと考えられています。実は、犯罪に巻き込まれてしまうケースが非常に多いのです。カードリーダーなどを利用されてしまうと、記録されていた口座などの磁気情報が盗み出されてしまいます。その結果、偽造カードの作成をされてしまうことも少なくありません。

・キャッシュカードの種類その2|ICチップ内蔵カード

磁気ストライプカードにICチップを搭載しています。ICチップが搭載されることにより、機能も高まりましたし、圧倒的に安全性が高くなりました。ICチップ自体が情報の鍵になっているので、簡単に情報が抜き出せなくなったのです。カードの偽造も困難になりました

現在、多くの銀行がICチップ内蔵カードをキャッシュカードとして採用しています。

・キャッシュカードの種類その3|生体認証カード

キャッシュカードをより安全にしたタイプです。ICチップ内蔵カードも完璧な安全性を兼ね備えておらず、カードの複製も考えられます。

生体認証カードに関しては、2つのタイプがあります。

  • ・手のひらの静脈パターンを利用しているタイプ
  • ・指の静脈パターンを利用しているタイプ

まだそれほど生体認証のキャシュカードは広まっていませんが、各銀行はすでに対応を始めています。大手の銀行だけではありません。地方銀行も導入を始めているのです。

生体認証カードであれば、自分以外の他人がカードを利用できなくなります。より安全にお金の管理ができる時代がすでにやってきています。

 どんなキャッシュカードならお金を借りられる?

カードローン機能が付帯できるキャッシュカードであればお金を借りられます。こちらでは3つのカードローンが付けられるキャッシュカードを紹介します。それぞれの特徴についても掲載するので、キャッシュカードでお金を借りたい、と思っている方は必見です。

・ローン機能付きキャッシュカードその1|イオンカードセレクト

イオン銀行で発行しているキャッシュカードには、様々な機能がつけられます。

  • ・キャッシュカード機能
  • ・クレジットカード機能(イオンカード)
  • ・電子マネー機能(WAON)
  • ・カードローン機能

イオンカードセレクトのクレジットカード機能でキャッシングが出来ます。全国14万台のATMやキャッシュディスペンサーから引き出せるのです。他にも電話から利用できる、といった方法もあります。

キャッシング実質年利率は、7.8%から18.0%となっています。

・ローン機能付きキャッシュカードその2|みずほ銀行キャッシュカード(みずほ銀行カードローン)

みずほ銀行で発行しているキャッシュカードにカードローンサービスが付加できます。希望に合わせて、キャッシュカードにカードローンを付加させるか、新たにローン専用カードを発行するか選択できます。

キャッシュカードにローン機能を付加させる場合には、自動貸越機能や自動振替サービスが利用できます。ローン専用カードの場合は、自動貸越機能はついていません。自動振替サービスについては、申し込みをすることで利用できるようになります。

【みずほ銀行カードローンの基礎情報】

《エグゼクティブプラン》

  • ・利用限度額・・・200万円から1,000万円(100万円単位で設定)
  • ・実質年利率・・・3.5%から7.0%

《コンフォートプラン》

  • ・利用限度額・・・10万円、20万円、30万円、50万円、100万円から1,000万円(100万円単位)
  • ・実質年利率・・・4.0%から14.0%

みずほ銀行カードローンは専業主婦の利用が認められています。配偶者に安定かつ継続収入があれば、30万円を上限に申し込むことが可能なのです。

・ローン機能付きキャッシュカードその3|横浜バンクカード

横浜銀行で発行しているカードです。幾つもの機能が付加できる、利便性の高いカードです。

横浜バンクカードの機能としては、

  • ・クレジットカード機能
  • ・キャッシュカード機能
  • ・ローンカード機能
  • ・デビットカード機能

があります。

注目して欲しいのが、クレジットカード機能とローンカード機能の両方が付いている点です。クレジットカードでキャッシングすることもできれば、ローンカードでもキャッシング出来ます。当方共に申し込みを実施して審査に突破しなければなりませんが、キャッシュカードと一体型で、二つの借入先が追加できる、といったメリットは注目に値します。

【横浜バンクカードのローンカード機能の基礎情報】

  • ・利用限度額・・・10万円から300万円まで
  • ・実質年利率・・・8.5%から13.6%(限度額が100万円までは13.6%)

横浜銀行バンクカードに付けられるクレジットカード機能ですが、幾つかの種類があります。種類によってキャッシング利用金額などに差があります。カードのグレードによる違いもあるので確認しする必要があります。

  • ・一般カードタイプのキャッシング限度額・・・国内5万円、または10万円
  • ・ゴールドカードタイプのキャッシング限度額・・・国内20万円

横浜バンクカードに付けられるクレジットカード機能でのキャッシング枠は少額タイプです。高額利用には適していません。

 上記キャッシュカードを持つことのメリット

・カードの管理が楽になる

クレジットカード機能やカードローン機能を一つのキャッシュカードにまとめられるので、カードの管理が圧倒的に楽になります。たとえば、キャッシュカード、クレジットカード、ローンカードをそれぞれ1枚ずつ持っているとなると3枚も管理しなければなりません。一方で、キャッシュカードによっては3枚を1枚で管理できることもあるのです。財布の中にカードがいっぱい、なんて状況になっている方も多いでしょう。分厚い財布は不便ですよね。

一つのカードの様々な機能が付いていることで、財布の中でカードが迷子になってしまう、といったことも避けられるのです。

・返済が楽になる

キャッシュカードは金融機関の口座を持っていることで発行されます。そのキャッシュカードにローン機能が付帯されていることで、基本的な返済方法が口座引落になります。返済日を忘れてしまったとしても自動的に引き落としが行われるので、仮に返済日を把握していなかったとしても、問題なく返済処理がされているのです。

消費者金融などのキャッシングサービスも口座引落による返済ができますが、メインはATM返済です。返済日をどうしても忘れてしまうケースも有り、結果的に遅延損害金(20.0%など、普段の実質年利率よりも高めに設定されている)を支払う状態に陥りやすいのです。

※キャッシュカードについているカードローンの返済は、ATMを利用することも可能です。口座引き落としを利用したくない、といった方はATM返済を利用してください。

・当座貸越、自動貸越のサービスが利用できる

口座と連動しているキャッシュカードならではのサービスです。

公共料金の支払いなどで、預金残額が足らなくなったとしても、自動的にお金を貸してくれるのが当座貸越です。

定期預金を利用していれば、その定期預金の金額を元に貸し出ししてくれるのです。利用した場合には、口座残高が「-(マイナス)」で示されます。

自動貸越に関しては、当座貸越とは違いローン機能を利用した自動キャッシングサービスです。定期預金を利用していなくても利用ができます。

自動貸越に関しても、キャッシングカードが口座と連動していることで利用できます。

当座貸越は低金利となっていますが(定期預金利息プラス0.5%程度)、自動貸越に関してはカードローンの実質年率がかかってきます(15.0%など)。

・キャッシュカードの維持にお金がかからない

キャッシュカードを持っている事自体には費用がかかりません。年会費もないので、持っているだけでは費用的な負担はありません。仮に、カードローン機能を付加させても、年会費等はかかりません。

クレジット機能を付ける場合には年会費がかかってくることがあります。カードのグレードによっても、かかってくる年会費には違いがあるので注意してください。

一般カードは年会費無料であったり少額であったりしますが、ゴールドカードなどのハイグレードなカード機能をつけると年会費が高くなってしまうこともあります。

以下に、横浜バンクカードにクレジットカード機能をつけたケースの年会費例を記載します。

【横浜バンクカードに付加できるクレジットカードと本会員年会費】

  • ・横浜バンクカード VISA・・・年会費:無料
  • ・横浜バンクカード マスター・・・年会費:無料
  • ・横浜バンクカード Suica・・・年会費:無料
  • ・横浜バンクカード Suicaゴールド・・・年会費:10,800円(税込み)
  • ・横浜バンクカードゴールド・・・年会費:10,800円(税込み)
  • ・横浜バンクカードヤングゴールド20s・・・年会費:3,240円(税込み)

 お金を借りる事ができるカードってどんなカード?

キャッシュカード以外にもカードを利用した借り入れは可能です。

こちらでは、クレジットカード、銀行カードローン、消費者金融の特徴について説明します。

・クレジットカードでお金を借りる

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。

  • ・ショッピング枠・・・買物をする時に利用できる金額
  • ・キャッシング枠・・・お金を借りる時に利用できる金額

クレジットカードを利用するには、ブランドが大きく関わります。カードのブランドが利用できる店舗やATMでなければショッピングやキャッシングに利用できません。主なブランドには、VISA・マスター・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナースがあります。

クレジットカードの全てでキャッシング利用ができるわけではありません。カードによってはショッピング枠しかないものもあります。

※クレジットカードは総量規制の対象範囲内なので、年収の3分の1を超える借り入れができません。

・銀行カードローンでお金を借りる

銀行で発行しているカードローンを利用してキャッシング利用します。銀行は総量規制の対象外なので、年収によって借入金額を制限されていません。年収の3分の1を超える借り入れが認められているのです。

銀行カードローンはネットなどからの申し込みで振込キャッシングが利用できたり、ATMからキャッシングできたり、といったことが可能です。コンビニATMと提携しているケースも多く、ほぼ24時間の借り入れや返済が可能です。

返済については、口座引落(自動振替)が基本ですがATMでの随時返済にも対応しています。

クレジットカードや消費者金融と比較すると、限度額設定と金利が低め、といったメリットがあります。最大の実質年利率は15.0%程度に設定されていることが多いです。

・消費者金融のローンカードで借りる

アコムやアイフル、モビットやプロミスなどの消費者金融で発行しているカードを利用してお金を借ります。消費者金融の中では、唯一、アコムがクレジットカード(ACマスターカード)を発行しています。以前は他にも消費者金融がクレジットカードを跛行している例がありましたが、現在ではアコムだけになってしまいました。

※アコムが跛行しているACマスターカードは、ショッピングだけでなくキャッシングも可能です。

借り入れや返済方法については、ATMを利用したものが基本となります。他には振込キャッシングなどにも対応していますし、振り込みまたは引き落とし返済にも対応しています。

大手消費者金融であれば、全国に展開しているコンビニATMを利用して借り入れや返済も可能です。

中小の消費者金融の場合は、借り入れ方法や返済方法が制限されてしまいます。コンビニ返済などが出来ないので、特定の地域外で利用できないケースが出てくるのです。

消費者金融の借り入れ限度額はクレジットカードと同じく総量規制の対象範囲内なので、年収の3分の1を超える金額の借り入れはできません。

 お金を借りる際にオススメの方法とキャッシング会社

・キャッシュカードにカードローン機能をつける方法がおすすめ!

  • ・キャッシュカードとカードローンを一括管理できる
  • ・銀行カードローンは限度額が高め
  • ・銀行カードローンは金利が低め

キャッシュカードにカードローン機能をつけると3つの大きなメリットが得られます。あなたの利用している銀行がカードローンサービスを行っているのであれば、キャッシュカードに機能を付加できるのかを確かめてください。付加できるのであれば申し込みを行いましょう。キャッシュカードでカードローンを利用すれば、一つのカードを有効活用する事にもなります。

銀行カードローンは、他のフリーローンサービスより好条件で借り入れができる点も見逃せません。審査は厳しい、とされていますが、個人信用情報や属性情報に問題がなければ突破できる確率が高いです(総量規制の対象外ですが、収入は高ければ高いほど審査は有利になる)。

・仮にカードローン機能をつけられなかったらどうすればよいのか?

キャッシュカードを持っている金融機関だからといって、カードローン審査の突破が確約されているわけではありません。状況によっては審査落ちの憂き目にあってしまいます。

審査落ちをしてしまった場合には、他のキャッシング業者を探しださなければなりません。

代表的な4大消費者金融を紹介します。プロミス、アコム、アイフル、モビットです。それらの審査を受けてみることをおすすめします。全国展開しており、無人契約機も各地にあるので利用しやすいです。コンビニATMでの借り入れや返済もできるので利便性も抜群です。

4大消費者金融の審査を落ちてしまった場合でも、まだチャンスはあります。中小の消費者金融業者を利用するのです。中小のキャッシング業者は、大手を利用できなかった方の受け皿になることもあります。過去に返済の遅れがあった、といった方にも貸し出してくれたケースは数えきれないほどです。

中小の消費者金融業者は、全国展開してないので利用のしやすさ、といった点で劣ることは間違いありません。中小業者の利用を検討している場合には、自分の生活圏など利用しやすい場所にATMを設置しているところに申し込みを行うべきです。